信用金庫による地方創生!日本を明るく元気に!! 2018"よい仕事おこしフェア"

4月10日(火) 地域連携プロジェクト発表セレモニー 全国47都道府県のお米が一堂に集まるシンボルセレモニーを開催しました。また、9/19.20に向けての「地域連携」「地域創生」等を目とした、3つのプロジェクトも始動!

全国47都道府県のご協力を賜り、「地域連携」「地方創生」等を目的とした、3つのプロジェクトが始動!

「絆のお結び」プロジェクト

「絆のお結び」プロジェクト

〜 日本全国の心をひとつに 〜

信用金庫のネットワークを通じて、全国47都道府県のお米ブレンドし、ご飯を炊いて「おむすび」を作ります。

全国各地のお米が“絆”によってひとつに結ばれ、いわば日本の心がひとつになって出来上る「おむすび」は、正真正銘の「絆のお結び」となり、フェアのテーマを象徴します。

「心の寄せ鍋」プロジェクト

「心の寄せ鍋」プロジェクト

〜 復興・創生の思いをひとつ 〜

被災地に寄せられた様々な復興支援に対する感謝の気持ちや明るい未来に向かう復興・創生への想いを込めて、被災各地から野菜等の食材を持ち寄って、ひとつの鍋料理を作ります。

レシピはプロの料理人にご協力をいただき、食材は種蒔き、育成から収穫などの作業等を出来る限り独自に行い、プロジェクトの想いをしっかりと表現したいと思います。

「興こし酒」プロジェクト

「興こし酒」プロジェクト

〜 第2章 〜

各方面から注目を集め、被災地復興応援の旋風を巻き起こした「興こし酒」(絆結)プロジェクトを前年と同様に実施し、復興応援の熱(酔い)を醒ますことなく、東北・熊本の復興応援に継続的に取り込みます。

興こし酒(絆結)は、被災4県産のお米をブレンドして醸造した日本酒ですが、これとは別に、上記の全国47都道府県産のブレンドしたお米で日本酒を作ります。「おむすび」とともに、日本全国の絆の象徴としてもPRしたいと思います。

《 地域連携プロジェクトセレモニー内容 》

全国47都道府県の代表者から「興こし酒プロジェクト」として、
日本酒を醸造する「曙酒造合資会社(福島県会津坂下町)」の杜氏へ豆福俵を手渡ししていただきました。
各都道府県の思いが詰まった豆福俵が会場内に設置する大型の日本地図パネルを埋め尽くしました。